接客業のコツをしりたいなら

スーパーのレジ、アパレルショップの店員、企業の受付…これらの仕事に共通することは接客です。接客業というのは、会社やお店の顔となる存在です。あなた1人のせいでお店全体、企業全体のイメージが悪くなり、売上が低下してしまう恐れがあります。印象を悪くしないためにも常にお客さんに快く思ってもらう必要があるでしょう。

人間ですから日々の生活で気分が落ち込んでしまう、イライラするということはあります。しかし、接客業の人間は仕事中、その気持ちを態度に表してはいけません。少しでもその気持を表に出してしまえば、お客さんはいい気分になりません。
あなたも経験ありませんか?お店に行って店員さんの態度が悪くて気分が悪くなったこと…。あなたも気をつけなければ、他のお客さんにそのように思われてしまうかもしれません。
お客様が気持ち良いと思える接客をするためにもプライベートと仕事はしっかりと分けるようにしましょう。そのためにも、自分の中で気持ちを切り替えられるスイッチを見つけておきましょう。お気に入りの音楽を聴く、甘いモノを食べる、ストレッチをする…など、直ぐにできることはたくさんあります。最初はなかなか気持ちを切り替えるのが難しく感じますが、徐々に仕事に慣れてくるとすぐに切り替えられます。
自然と気持ちが態度に現れなくなれば、それは接客のプロになった証でしょう。