接客業のコツをしりたいなら

笑顔が大事。でも、笑顔だけでもダメ

笑顔の2人組

接客業の基本と言えばあなたはどんなことをイメージしますか?多くの人は「笑顔」と答えると思いますが、常に笑顔をしていれば良いというものではありません。もちろん、お客様に気持ちよくいてもらうためにはムスッとしているよりも笑顔でいるほうが良いに決まっています。しかし、無理に作った笑顔というのは、誰にでも受け入れられるわけではありません。作り笑顔が得意な人も居ますが、同じ接客業をしている人からすると作り笑顔というのはすぐにバレてしまいます。
また、無理な笑顔を作っていると、ふらっと立ち寄ったお客さんにプレッシャーを与えてしまいますし、必死感が伝わってしまいます。そうなれば、笑顔で接客しているのにお客さんは離れていってしまいます。そうならないようにするためにも「自然な笑顔」が大切なのです。
無理のない笑顔というのは自然なあなたを表していますし、その自然な印象がお客さんにとって安心感を与えます。そうすると売上アップも期待できますし、お客さんも「また行こう」と思えます。
笑顔は大切です。しかし、張り付いたような笑顔は必要ありません。素に近い自然な笑顔のあなたをお客さんに見せられた時、そのときこそお客さんから「ありがとう」と言ってもらえることでしょう。