接客業のコツをしりたいなら

話を聞くことが大切

話を聞いて案内するオペレーター

シーズンによっては、この商品を売らなければならない。残っている商品から裁かなければならないというものはある程度ありますが、自分が求めていないものばかり進められるのは気分が悪いです。良い接客というのは、お客さんの求めているものに近い商品を提案することです。お店が売り出している商品をすすめるのは二の次です。
そのため、お客さんが求めているものを見出すためにもしっかりとコミュニケーションを取り、話を聞くことが大切です。
人それぞれ好みというものがありますので、お客さんの服装、持ち物などの外見でどういったものが合うかということはある程度分かります。しかし、勝手に判断するのは禁物です。外見のタイプと相手が求めているものが違う場合もあります。また、自分用ではなく贈り物という可能性もあります。お客さんが求めている商品を提案するためには、性別、年齢、シーンなどの情報を聞き出しましょう。その際、お客さんが話しやすいように臨機応変に対応することが大切です。丁寧な話し方の人には丁寧に話す、少し崩して話す人には同じように堅苦しくないように話すというように、相手の話し方と合わせることで、お客さんも親近感が湧いて話しやすくなります。そうなれば、話を引き出しやすいので、お客さんに好印象を与えることができて、あなたに会いに来てくれるリピーターにつながります。