接客業のコツをしりたいなら

お客様を思うことが大切

電話でフォロー欠かさない店員

どのような仕事でもある程度ノルマというものが存在しています。お店全体のノルマというものもあれば、一人ひとりのスタッフに課せられているノルマもあります。もちろん、仕事ですのでノルマを達成できるように工夫をしながら接客をすることが大切ですが、あまりにもガツガツとした接客はお客さんに嫌われてしまいます。
アパレルショップへ行くと、商品に触れた瞬間に「何かお探しですか?」というような声掛けをされて、嫌な思いをしたことはありませんか?こういった接客も一つの方法ですが、心良く思わない人が多いです。上辺だけの作り笑顔というのもすぐに見抜かれてしまいますし、怖い顔になっていることもあります。すると、お客さんはスーッと離れてしまいます。

接客をする上で大切なのは、お客さんのことをよく観察し、相手が求めるに応えるというスタンスです。お客さんが困っていそうであれば何を探しているのか、どういったものを求めているのかということを自然と引き出して、ニーズに合った商品をすすめます。
自分も買い物へ行った時、「このような接客は気持ちいいな」と思うことはあるでしょう。人それぞれ多少考え方は違いますが、あなたが良いと思っている接客は他の人も良いと思っています。相手のことを考えれば、どのような接客が望ましいか見えてきます。一人ひとりタイプは違いますので臨機応変に接客をしていきましょう。